レイクALSA(レイクアルサ)はコンビニの提携ATMを利用しよう!5つのお得なポイント

レイクALSA(レイクアルサ)を利用するメリットは数多くありますが、最大のひとつがコンビニの提携ATMを利用したときの利便性の高さでしょう。

 

レイクALSA(レイクアルサ)はいち早くコンビニの提携ATMへの参入をした消費者金融業者のひとつで、常に最先端を行っています

 

 

カードローン絞り込み検索リセット

 

レイクALSA(レイクアルサ)のコンビニの提携ATM利用方法

借入と返済

レイクALSA(レイクアルサ)の取引ができるコンビニの提携ATMの代表がセブンイレブンに設置されているセブン銀行のATMでしょう。借入と返済が可能です。

 

実際の操作方法は、他のキャッシュカードやローンカードと変わりません。カードを挿入するとレイクALSA(レイクアルサ)の画面になりますので、借入や返済のボタンを押します。借入のときには1000円単位で金額を入力すると、現金とカードが出てきます。

 

返済ボタンを押せば、ATMの現金挿入口が開きますので入金します。これも1000円単位ですので注意しましょう。返済手続きが完了すればカードが出てきます。

 

レイクALSA(レイクアルサ)では「e-アルサ」というスマートフォン向けの公式アプリを導入しており、これを使うとカードレスで借入や返済が可能です。起動させてATMのバーコードリーダーを読み取らせるだけで、後は普通の操作で手続きが可能です。

 

利用可能時間に注意

レイクALSA(レイクアルサ)が利用可能なコンビニの提携ATMは数多くあります。

 

  • セブン銀行→セブンイレンブン
  • ローソン銀行ATM
  • イーネット→ファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、スリーエフ、セーブオン、セイコーマート

 

利用可能時間に注意しましょう
  • 月曜日→午前5時~午後11時50分
  • 火曜日・水曜日→午前0時10分~午後11時50分
  • 木曜日→午前1時30分~午後11時50分
  • 金曜日・土曜日・日曜日→午前0時10分~午後11時50分

 

通常は午後11時50分から午前0時10分までの20分間は利用不能で、水曜の深夜は午前1時30分まで、日曜深夜は午前5時まで使えないと覚えておきましょう。

 

通常の消費者金融業者では、提携先のATMの利用可能時間まで公式サイトでまとめていません。レイクALSA(レイクアルサ)のように公式で一覧表が出ているのは珍しいことです。それだけユーザーフレンドリーであるレイクALSA(レイクアルサ)の姿勢が分かります。

 

取引は1000円単位

注意したいのは、コンビニの提携ATMでは1000円単位の借入・返済のみで1000円未満の小銭の取り扱いがないことです。通常の継続的な利用では気にならないところですが、最終的に完済するときにはコンビニの提携ATMは使えません。

 

ATMを使って小銭まで完済するときには、新生銀行のATMか、レイクALSA(レイクアルサ)の無人契約機を使いましょう。

 

レイクALSA(レイクアルサ)の一括返済ではWeb返済がおすすめです。インターネットバンキングで簡単ですし、手数料無料で1円単位の端数を含めた返済が可能です。銀行振込でも端数は取り扱えますが、銀行の振込手数料がかかります。

 

レイクALSA(レイクアルサ)のコンビニの提携ATM利用がお得な5つの理由

ほぼ24時間対応

コンビニの提携ATMのメリットは、ほぼ24時間対応という点でしょう。通常は午後11時50分から午前0時10分までの20分間だけメンテナンスで、それ以外の時間帯は利用可能です。

 

午前0時をまたぐので、返済日ギリギリになっているときには注意が必要です。午前0時を1分でも過ぎたら翌日扱いになってしまいます。思わぬところで遅延損害金の対象となってしまいますので返済では要注意です。

 

覚えておきたいのは、第三日曜日だけ、午後8時からメンテナンスに入るということです。4時間以上もコンビニの提携ATMは使えません。

 

また、一部のファミリーマートに導入されている「ゆうちょATM」は第三月曜日だけ利用時間が午前7時からです。数は多くありませんが、最寄りのATMが何で、営業時間はどうなっているのか確認しておきましょう。レイクALSA(レイクアルサ)の公式サイトでも紹介されています。

 

土日祝日でも最短即日融資(※)

コンビニの提携ATMのメリットは、土日祝日でも営業しているという点です。レイクALSA(レイクアルサ)は申し込み最短即日融資(※)に対応しており、カードレスで銀行口座への振込にも対応しています。

 

(※)21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

 

ただし、銀行口座へ振り込んでも銀行窓口が営業していなければお金は引き出せません。そのため、土日祝日の現金の引き出しではATMを利用する以外の方法はありません。

 

レイクALSA(レイクアルサ)の自動契約機が近くにあれば問題ありませんが、そうでないときには、コンビニのATMを利用することになります。コンビニであれば借金していることを周りに知られる心配はありません。

 

繰り上げ返済で利息を抑える

レイクALSA(レイクアルサ)では、返済日を利用者が自由に決めることが可能です。返済日を給料日の2日から3日程度後に設定して口座から自動引落にしておけば、無理なく返済できます。

 

ここでは残高スライドリボルビング方式や元利定額リボルビング方式で一定額を返済していくことになりますが、コンビニの提携ATMを使って繰り上げ返済をしていくと利息を抑えることが可能です。

 

毎月の返済はそのままに、臨時収入などがあったときにコンビニの提携ATMで返済をしていくようにすると、返済回数も総返済額も抑えられます

 

レイクALSA(レイクアルサ)では、新生銀行カードローンATMをご利用の場合は、手数料無料です。気軽に利用できる手段ですので、繰り上げ返済にうってつけと言えるでしょう。返済の増額は多くの額を追加しないと意味がないと考えられがちですが、決してそのようなことはありません。

 

たとえば借入額が30万円のとき、最低返済額のみを返済すると返済回数は113回、総返済額は53万7369円になりますが、ここに1000円追加するだけで返済回数は82回、総返済額は47万5568円にまで下がります。

 

まとめ

レイクALSA(レイクアルサ)は審査は早く、金利も標準的で決して高くありませんが、身近にあるコンビニを利用できるのは便利です。

 

ただし一括返済で発生する1000円以下の小銭の精算はできないので、そこだけ注意しておきましょう。